本文へスキップ
        富室海事事務所は北海道の船・ボート・水上バイク免許の更新・失効再交付手続専門の事務所です。

TEL. 0166-34-5030

〒078-8218- 北海道旭川市8条通
  20丁目88-11-203  

SERVICE&PRODUCTS

富室海事事務所の主な取扱業務のご紹介

○○○○○○○○イメージ

船舶職員及び小型船舶操縦者法 関連

小型船舶操縦者免許証の更新・再交付手続
海技免状の更新・失効再交付手続
◆小型ボート等の免許取得についてのご相談・手続
◆海技免状の取得についてのご相談・手続


○○○○○○○○イメージ

船舶 関連

船舶の登記・登録に関する手続
船舶検査に関する手続の代行
船舶所有者の変更(売買・相続など)
船の改造をした際の手続
船の航行区域を変える際の手続




○○○○○○○○イメージ

内航海運業
海運業 等 関連

サービス開始以来、大変ご好評をいただいている○○○○サービスです。
ここにサービス説明文が入ります。ここにサービス説明文が入ります。ここにサービス説明文が入ります





 海事代理士とは
 海事代理士法(昭和26年法律第36号)にもとづきご依頼によって、船舶の登記や登録、検査申請、船員に関する労務、その他海事許認可など、海事に関する行政機関への申請、届出その他の手続及びこれらの手続に関し書類の作成を代理・代行することを業とする者、とされています。明治時代後半に創設された「海事代願人」の後身として1951年成立の海事代理士法により創設された資格だそうです。海版の司法書士、行政書士や社会保険労務士とも称され「海の司法書士」、「海の行政書士」と呼ばれることもあります。

わたしたち海事代理士が業として扱うことの出来る法律は海事代理士法第1条別表第2によって以下の法律と定められています。

 1.船舶法(明治32年法律第46号)
 2.船舶安全法(昭和8年法律第11号)
 3.船員法(昭和22年法律第100号)
 4.船員職業安定法(昭和23年法律第130号)
 5.船舶職員及び小型船舶操縦者法(昭和26年法律第149号)
 6.海上運送法(昭和24年法律第187号)
 7.港湾運送事業法(昭和26年法律第161号)
 8.内航海運業法(昭和27年法律第151号)
 9.港則法(昭和23年法律第174号)
 10. 海上交通安全法(昭和47年法律第115号)
 11. 造船法(昭和25年法律第129号)
 12.海洋汚染等及び海上災害の防止に関する法律(昭和45年法律第136号)
 13. 国際航海船舶及び国際港湾施設の保安の確保等に関する法律
   (平成16年法律第31号) (国際港湾施設に係る部分を除く。)
 14. 領海等における外国船舶の航行に関する法律(平成20年法律第64号)
 15. 上1〜14の法律に基づく命令


バナースペース

富室海事事務所

〒078-8218
北海道旭川市8条通20丁目
  88番地の11−203

TEL 0166-34-5030
FAX 020-4664-7240